calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

おっさんの聖地

0
    2週間の一時帰国も、アッという間に最終コーナー突入です。
    日本滞在中に何本か記事をアップしようと思っていたのですが、例によって鬼ボスからのキツ〜イ業務命令で、皆さんのブログへ遊びに行く時間も取れず失礼させて頂きました。

    てな事で今日は二週間の音信不通のお詫びと私の生存証明を兼ねて、気合とムチを入れながら記事をアップしますので、どうか最後までお付き合い下さい。
    (御大、ちゃんとプロバイダーへ料金を支払っていますので、ご安心召されませ!)

    さて昨晩は、今回の一時帰国でto do リストの目玉にしていた黒砂糖さんおっさんの聖地新橋で念願の七夕イブ・デートならぬオフミを開きました。

    が、しかし、ところが、でも、but、however!!

    新堂冬樹も真っ青の逆接接続詞6段攻め・・

    日頃の悪行三昧の祟りか、それとも黒砂糖さんと私の禁断の恋を嫉妬する人間が念力を送って邪魔をしたのか、アクシデントの連続で黒砂糖さんには大変ご迷惑を掛けてしまいました。

    昔からいざ鎌倉!という時に限って、必ずトホホに付き纏われます。

    先ずは出張先での仕事が長引いてしまい、黒砂糖さんには約束の時間を大幅に繰り下げて頂きました。

    締まりかけるドアを無理矢理こじ開けて新幹線に飛び乗り、東京駅の雑踏ではへそを出して闊歩する女子高生を一人、二人と張り倒しながら山手線を乗り継ぎ、やっとこさ新橋に辿り着いたのでした。

    黒砂糖さんと初対面の挨拶もそこそこ、この日の会場にと予定していた高級割烹「W」へ向うと・・

    な、な、なんと!

    無情にも店のシャッターが私を嘲笑うかのように閉まっているではありませんか!
    呆然自失で立ち竦む私に「いいじゃありませんか、違うお店へ行きましょう」と黒砂糖さんが優しく声を掛けてくれなかったら、恐らくその場で失禁していたことでしょう。

    ここのマスター、借金取りの追い込みに捕まったのか、店の女の子とデキて逃避行をしてしまったのか、はたまた持病の痛風が悪化して家で寝込んでいるのか、全く見当がつきません。前の週に立ち寄った時は、元気だったのですが・・

    仕方なく近場の焼き鳥屋へ河岸を変え、家族や仕事のこと、ブログや趣味のことと次から次へと話に花を咲かせました。
    さて、そこそこ生ビールも飲み干せばおっさん同士・・

    ふたりの行く先は〜 ひとつ〜〜♪

    てな事で二次会は「カラオケで盛り上がりましょう!」と鼻息も荒く、吐く息も臭く、ついでに身体全体から加齢臭フェロモンを発散させがら勇んで高級クラブ「R」へと歩を進めると・・

    レレレのレ〜〜〜!

    またまたお店のシャッターが貝の如くピタっと閉じているではありませんか!
    花の金曜日(死語?)に行く先々で目指すお店が閉まっているとは、例えてみれば二股を掛けているキャバクラの「あやちゃん」と「みひろちゃん」から同時にフラれる様なモンで、ご同輩であれば私のショックも容易に想像出来ることと思います。

    このお店、目のぱっちりとした中国美人風のママが一人で切り盛りしていたのですが、ヤクザな亭主が残した借金の身代わりで吉原辺りに売り飛ばされたのかと心配しています・・

    ここでも黒砂糖さんが「まあ、こんな時もありますワ」と私を慰めてくれなければ、その場にしゃがみ込んで脱糞していたことは想像に難くありません・・

    てな事で「いちご白書をもう一度」は、次回のオフミへと持ち越しになり、最後は天丼を自棄喰いしてお開きとなった次第ですが、一つ嬉しいことがありました。

    黒砂糖さんの粋な計らいで、広島のあちょ☆さんと電話越しのプチ・オフミ(電話だからオンラインなのだろうか、それとも携帯電話だからやっぱりオフラインなのだろうか?)をさせて頂きました。

    私の鶏の首を絞めたようなダミ声とは対照的に、セーラームーンの吹き替えが出来るのではと思う程の可憐な声のお嬢さんで、短い時間でしたが楽しくお話をさせて頂きました。

    あちょ☆クン、突然の電話で失礼した!許して呉れ給え。デスラーより

    ともあれこの日は、トム・ハンクス並にM字ハゲ進行中で頭の中は下ネタ一杯の私と違い、黒髪ふさふさで優しさと知性を湛えた優しい笑顔の黒砂糖さんとご一緒出来て、とても幸せな気分を味わうことが出来ました。

    黒砂糖さん、これからも良き兄貴としてお付き合いくださいませ。
    因みに私の「なで肩」をご覧になりたい方は、→黒砂糖さんのブログ
    決して喪黒福造の様な体型はしていませんので・・



    応援ありがとうございます!
    人気ブログランキング


    <業務連絡>

    to do リスト

    0
      先日の鬼ボスへの接待効果(→こちらの記事)かどうか知りませんが、お陰様でやっとこさ禁足令も解除され、今夜の便で日本へ一時帰国することになりました。

      今回は2週間のロングランなので、多少はプライベートの時間も持てそうです・・

      てな訳で今回は色々と野望を抱えての帰国となりますので、モレのないようにto do リストなんぞを作ってみました。


      1.母親の見舞いに行く
      我が家には今年81歳になる老婆がいるのですが、先日膝(人口関節にする)の手術を受けて入院している最中です。
      「ウチの息子は何時になったら見舞いにくるのか?」とぼやいているようなので、親孝行の為にも取りあえずリストのトップにしました。

      2.新橋でオフミをする
      普段の一時帰国は、週末日本着の週末日本発(その間は国内出張)のパターンで殆んど「行って帰るだけ」でしたが、今回は東京での仕事が数日あるので、二十年来通った新橋のとあるお店でオフミをすべく企んでいます。

      3.高校球児とボーリングで勝負をする
      最近ウチの高校球児(長男)がボーリングにハマッているようで、野球の練習が休みの日にはしばしばボーリング場へ出かけているようです。野球では到底息子に敵うべくもありませんが、ボーリングは昔取った何とやらでまだまだ負ける訳にはいきません。
      親父にチャレンジする気満々のようなので、早速返り討ちにしたいと思っています。

      4.歯医者さんへ行く
      一月程前に奥歯の詰め物がポロッと取れて、歯に穴の空いた状態のままになっています。私にとってドイツで歯医者に行くのは、一人で喫茶店に入るのと同じ位の勇気が必要です。今回は3回ある週末休みを利用して歯医者さんに行く予定です。

      5.床屋さんへ行く
      言葉の問題もありますが、私の回りの日本人がドイツの床屋では必ず「トラ刈り」にされて帰ってくるので、ドイツでは床屋へ行ったことがありません。今回はしばらく散髪しないで済むようバッサリやって、夏バージョンヘアーにしようかなと考えています。

      6.秘密の趣味の買い物をする
      ドイツでは夜な夜な部屋に篭って行う、ある密かな趣味を持っています。
      日本の専門店でないと中々手に入り辛い物があるので、今回の一時帰国で漁ってこようと考えています。
      ここまで書くと間違った方向に考えを巡らす方もおられると思いますが、何も先日ハンブルグの女王様にお会いしたからと言って、鞭やロープ、おまけに網タイツやローソクなんてモンを買ったりはしませんので、ご安心ください。(この手のモンは、ドイツの方が質量ともに豊富に揃っていますので・・)

      7.とりあえず日本食材を買う
      いつもは真っ先にリストにあげるのですが、最近ユムユムさん黒砂糖さんのブログで美味しそうな料理を見過ぎたせいか「日本食不感症」になってしまいました。
      とは言え、いつまた「日本食恋しい症候群」が発症するか分かりませんので、ポイントとなる食材は押えておきたいと思っています。


      さてさて、このうちいくつまでがto doからdidになることでしょうか・・?

      昨日はスイス出張で8時間のドライブ
      今日は成田まで11時間のフライト
      お尻のケアが必要になりそうで・・トホホ。

      そうだッ、カラオケで熱唱する!を入れ忘れていた〜〜〜!

      応援ありがとうございます!
      人気ブログランキング

      北京のB級グルメ

      0
        皆さん、ご機嫌如何お過ごしでしょうか?

        最近、公私にわたって色々と立て込んでるモンでブログの更新も儘成りません(現在進行形)。かと言ってそうそうお休みばかりしていると、

        「昔、ドリアンっていう可笑しなおっさんがいたな〜」

        と皆さんから過去の人にされてしまう恐れがありますので、今日は困った時のアジアんネタでお茶を濁させて頂きます。

        先日ふろっしゅ姫が日本へ里帰りされた際、かの浅田次郎大先生も
        「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」の中国三部作で重要な舞台にされている北京へ立ち寄られたそうです。
        と言っても、トランジットされただけで実際彼の地にどっしりと足跡を残された訳ではなかったようですが・・

        てな事で姫の為にも?北京の味をひとつ。

        接待飯では北京ダックなるものを鱈腹頂いたりはしていますが、個人的にはこういった庶民の味が好きです。



        天安門(→過去記事)から東へ1キロ程にある王府井大街(わんふーぢんだーちぇ)の路地を一本裏に入った小吃街(しゃぉつーちぇ)の一角にある鉄板焼きのお店です。
        同様の店が幾つも軒を連ねているのですが、どうやらこの店が一番人気のようで結構な行列が出来ていました。
        で、ここの名物といえば看板にもある通り

        「羊肉串」(やんろーちゅぁん)
        その名のとおり羊肉を串に刺して焼いたもので(写真の左下に山積みされています)「中原の虹」にも度々登場する食べ物です。本来なら日本の焼き鳥と同じで炭火焼きがベストなのですが、値段−(看板に偽りなしで)1本1元=約16円に見合った調理法にしているようです。

        「油炸臭豆腐」(よーつぁちょうどーふ)
        1センチ程の厚さに切った臭豆腐(くさどうふ=漬物の汁に浸して発酵させた豆腐)を油炒めしたものです。この臭豆腐、ドリアン程ではありませんが日本の「くさや」とどっこいどっこいの強烈なかほりがします。台湾の屋台料理などでも定番の一つです。

        これらは、所謂おやつ代わりのスナック料理で「小吃」(しゃぉつー)と呼ばれています。因みに普通の食事は「」(つぁい)です。

        昨今、中国産食品については良からぬことが(政治的思惑も絡んで)盛んに喧伝されていますが、私の場合その地の庶民が普通に食べているものであれば、生もの以外は大抵頂いてしまいます。
        非日常を体験する旅行者という立場からすれば、自分が日常的に口にする訳でもないし、「あの時食べればよかったな〜」と後悔したくないという理由もあります。まあ、そもそもが「喰意地の悪い人間」なモンで・・


        それはさておき、我が姫、ひょっとすると今度は台湾へ行くことになるかもしれないとのこと。

        う〜む、次回はまたまた台湾ネタにしようかな・・

        明日はハーレム状態だろうか!?
        いや、姫も女王様もおまけに天下無敵のチャーリーズエンジェル嬢もいるとなると、
        やはり宦官ならずとも下男になるのがオチだろうな・・


        応援ありがとうございます!
        人気ブログランキング

        テレサ・テン物語

        0
          実は今日、6月3日は私の4X回目の誕生日でございます。
          侘しい単身赴任の身、これといった祝い事はありませんが、今夜はドイツ産の安ワインを片手にゆっくりと日本のドラマ鑑賞でもと目論んでおります。

          で、そのドラマとは・・

          タイトルの通り「テレサ・テン物語〜私の家は山の向こう」です。

          昨晩、テレビ朝日で放映されて(公式HPは→こちら)ご覧になった方も多いと思いますが、私の場合は「日本のパソコンで録画」→「インターネットで録画ファイルを自動転送」→「ドイツの会社のパソコンでファイルを受信」→「受信したファイルを自分のパソコンのWMVプレーヤーで視聴」という段取りがあるので、ほぼ一日遅れとなります。
          それでも、録画したビデオやDVDを日本から送って貰うよりは遥かに早いし、もちろん送料はかからないので重宝しています。

          話をテレサ・テンに戻しましょう。
          何を隠そう私、彼女の大ファンであります。(ドラマで彼女を演じた木村佳乃のファンでもあります)
          因みに日本では「テレサ・テン」の芸名ですが、台湾では「麗君(デン・リージュン)」です。

          彼女が日本で活躍していた頃の私は、丁度Rock'n Rollにハマッて居た頃なので彼女の唄を聴く機会はほとんどありませんでした。
          ところが、人間齢を重ねる毎に趣味嗜好というのは変わるものです。
          接待カラオケで「私の声質はRock'n Rollよりも演歌が似合う」と指摘されて以来、一変して「ビブラートボイスの演歌歌手ドリアン」として彼女の曲を含め演歌系の曲をよく聞き、且つ唄うようになりました。

          そんな中、台湾へ出張することが増えて、現地での接待カラオケで初めて中国語で唄った曲があります。

          月亮代表我的心」です。



          簡単な中国語なので、字幕の意味も大体お分かりになると思います。

          何せ台湾では、彼女の顔写真が切手になっている程の国民的英雄ですから、気難しいお客さんの接待でも彼女の曲を歌えば、一瞬にして「朋友」になれること請け合いです。
          勿論ドイツにも台湾で購入した彼女のCDは持参してきています。



          さて、YouTubeついでにドラマでも舞台になった(と思われる)香港での民主化運動での一幕がありましたので、貼っておきます。(ドラマのシーンと見比べてみるのも一興でしょうか)

          我的家在山的那一邊(私の家は山の向こう)




          「カラオケでテレサ・テンを唄う」という方、間違いなく私の朋友です!

          まだドラマのファイル、全部ダウンロード出来ていません!
          今宵は見られないかも・・トホホ。


          応援ありがとうございます!
          人気ブログランキング


          サラダサラダサラダ

          0
            先日、このブログの愛読者である横浜市在住のHN、narutoさんから
            こんな携帯メールが届きました。

            「卓球部、体育会系だから良し・・」とは、
            チト卓球を甘く見ているのでは!?
            多分運動部で一番筋トレ厳しいヨ!

            ふむふむ、成程ごもっともなご指摘でございます。
            当ブログ、稀に表現に多少のデフォルメがあったり、時代錯誤的な語句や意味不明な比喩を用いたりしますが、愛読者へのサービス精神と正直が取り柄なものでついホンネを書いてしまい、narutoさんのご不興を買ってしまったようで申し訳ありませんでした。

            ここは一つ、お詫びを兼ねて訂正をさせて頂きましょう。

            「我が家の次男クン、体育会系でも超ハードな卓球部で肉体的にも精神的にも鍛えて、学業も湘XゼミでSクラス定着を目指して頑張って貰いたいものです!」


            さて、今日は久しぶりの料理ネタです。

            育ち盛りの青少年には栄養のバランスが必要ですが、単身赴任の駐在員にも同じことが言えます。
            接待飯で「プリン体爆弾」やら「セレブ爆弾」やらを鱈腹頂いてばかりいては、早々に痛風動脈硬化高脂血症高血圧とおまけに糖尿病も併発してお陀仏することは目に見えています。

            「人生プラマイがゼロ!」

            座右の銘としている私としては、接待飯で肥えた身体を元に戻す為、普段は質素な食事で栄養のバランスを心掛けています。
            特に夕食は「一汁一菜」ならぬ、ビール1本サラダ一皿の「一酒一菜」の粗食(?)に耐えています。
            では、最近のNeckarのほとりの夕食メニューを幾つかご紹介しましょう。



            先ずは定番のモッツァレラ+トマト


            お次はシーチキン+ブロッコリー+トマト


            最後はグリーンアスパラ+ベーコン+トマトを炒めたん


            で、今晩からスイスとオーストリアへ出張です。
            因みに今回は、接待飯の予定はありません!


            業務連絡:
            ドイツオフ会、参加ご希望の方は→こちらからメールをお願いします。
            おって日時と場所をお知らせします。

            「人生プラマイがゼロ」って、薀蓄のある言葉ですね〜(自画自賛)

            姫っ、ご帰還予定をお知らせくださ〜い!


            応援ありがとうございます!
            人気ブログランキング


            << | 3/41PAGES | >>