ドイツ風リゾット

0
    一人暮らしで、ご飯を炊くと困ること。
    小食(?)の私は、1合を炊いても必ず半分程余してしまいます。

    日本から「たきXて」なる電子炊飯器を持参したのでが、
    残った半合のご飯を保温しても、水気が飛んでカリカリになってしまいます。

    普段はチャーハンにしていただくのですが、実は今使っているお米が
    リゾット用のものです。(普通に炊いても全然オーケーですが)

    さて、違う調理法はないものか?
    と思いついたのが、これです。



    題して「ドイツ風リゾット」です。

    白ソーセージの煮込みを作ったスープに鶏肉を加え、しばらく煮込んだら出来上がりです。
    1万円生活的には、1人分約40円の節約メニューです。


    日本人の主食=お米と、ドイツ人の主食=じゃがいもを使った
    究極の日独合作料理だな〜
    と独り言ちながらいただきました。
    人気ブログランキング

    白ソーセージの煮込み

    0
      いくら食費1ヶ月1万円生活といっても、毎日「パスタうどん」ばかり食べてもいられません。
      たまにはドイツらしい料理も作っています。

      ドイツ料理といえば、まずはソーセージですね。
      スーパーに行くとハム・ソーセージのコーナーが、必ずといっていいほどあります。



      この間、暇にまかせてその種類を数えてみました。
      1、2、3,4・・・98、99、100、101・・
      軽く100種類はあります。

      その中で選んだのが、Munchner Weisswurste
      ミュンヘン風白ソーセージです。
      1本約80円です。

      ソーセージといえば、次にくるのがドイツ人の主食、じゃがいもです。
      とにかく値段が安いので助かります。
      1kgで約80円です!(ソーセージ1本と同じ値段ですね)

      さて今日のメニューですが、
      題して「白ソーセージの煮込み」です。



      作り方ですが、じゃがいもとキャベツをコンソメスープでじっくり煮込み、
      湯通ししたソーセージを入れてしばらく馴染ませれば出来上がりです。
      あまりソーセージを煮込むと鍋の中で爆発しますので、ご注意を!
      (体験談です、トホホ)

      この白ソーセージ、日本のソーセージと違ってとても淡白な味です。
      個人的には、おでんの「つみれ」に近い味覚と食感です。
      何故かとても懐かしい味がします。

      スープとして頂いてもなかなかの一品です。
      1ヶ月1万円生活的には、1人分約130円のメニューでした。

      やっと、ドイツらしくなってきたでしょうか?
      人気ブログランキング

      パスタうどん

      0
        10月の結果にショックを受けて
        さっそく節約メニューを考えましたよ。



        題して「パスタうどん」です。

        水炊きの残りに醤油と鰹だしで「つゆ」の味を調えて、
        「うどん」の代わりに茹でた「パスタ」を入れれば出来上がりの
        超簡単メニューです。

        「パスタ」は一番細い麺を使うのが、ミソです。
        「つゆ」のお陰で「パスタ」が「うどん」に思えてくるから不思議です。
        「うどんのルーツはパスタにあり!」を実感しました。

        これで昨夜は、1食0.3オイロ、約40円也ですみました。
        (毎日これを食べれば良いのですが、栄養が偏ってしまいますので..)


        ところで、鰹だしは何処で手に入れたか?



        日本から持参したものです。(汗)”
        人気ブログランキング

        10月の結果発表です

        0
          いよいよ皆さんお待ちかねの(?)
          ドイツで食費1ヶ月1万円生活、10月の結果発表です。

          独和辞典を左手に電卓を右手に
          訳の分からないスーパーのレシートと格闘しながら、
          計算しましたよ。
          ハイ。





          その結果..



          「う”っ...」



          なんと合計で


          169.22オイロ!!

          日本円にすると

          22,845円也!!


          11,845円の赤字でありました。
          とほほ。

          「いつの間にこんなに使ったか..」
          さっそく、理由を考えはじめました。

          「ミネラルウォーターで煮炊きをしたよナー」(汗)

          「バターやジャム、オリーブ油も買ったしナー」(汗)”

          「そういえば、バジルも買ったよナー」(汗)””

          「...」(汗)”””


          だんだん理由にならなくなっています。



          今月は黒字に出来るか!?
          人気ブログランキング

          アンコ椿は..

          0
            ♪三日おくれの便りをのせて〜


            入っていましたよ。


            お給料が!!



            理由が分かりました。

            労働VISA

            がまだおりていなかったのです。

            実は私の場合、籍は日本の会社にあるのですが、
            給与はこちらで居候している某企業から頂くことに
            なっています。

            こちらの担当者曰く、
            「VISAのない人にはお給料出せないのですわ
            そんでもって、今月分は仮払いで処理させて
            もらいました
            担当者が手続きをうっかり忘れていたようで
            エライすんませんでした」
            とのこと。

            私も居候の身

            「それはそれは、ご丁寧にありがとうございます」

            と条件反射的に答えたのですが、
            いったい何がご丁寧だったのか..!?


            最初の唄、もちろん都はるみさんですよ。
            「アンコ椿は恋の花」 作詞:星野哲郎
            ドイツにいても心に沁みる唄です。
            人気ブログランキング

            キャッシュカードに残はない!!

            0
              一昨日のことです。

              25日は、お給料日!

              と喜び勇んで銀行へ走りました。

              駐在手当てが カット されたとは言え、支給日であることは間違いありません。

              まずは、ATMで残高照会
              すると..

              0,00EUR Haben
              の表示が..
              (Habenは英語のHave、つまり「0,00ユーロ持っています」)

              「まだ時間が早いから、入金が遅れているのかな..」
              と思いつつ、その日は事務所に戻りました。

              そして昨日26日、
              同じようにATMで残高照会
              すると..

              0,00EUR Haben



              「あれれ、操作の仕方間違ったかな!?」

              ともう一回。

              0,00EUR Haben



              「・・・・”」




              係員を呼んで、身振り手振り、英語、日本語、ほとんど出来ないドイツ語を駆使して、ATMを操作すると

              やっぱり、




              「ぬる(0)こんま(,)ぬるぬる(00)おいろ(EUR)はーべん!」
              と係員と声を合わせて読み上げても

              残高ゼロ!

              に変わりありません。

              会社に帰って、日本に電話すると
              「外部の会社経由で手続きをしているので、ちょっと確認させてほしい」
              との回答。

              「そうですね〜。何かの間違いですよね〜。確認お願いしますね〜。
              エヘヘ........」
              と猫撫で声で電話を置いたのですが

              「手当カットどころかタダ働きさせる気か!!!」
              とひとりゴチたのは、言うまでもありません。


              明日は入金があるか。
              人気ブログランキング

              モッツァレラ&トマト

              0
                バジル観葉食物としての使い方、その1です。



                モッツァレラチーズ+トマト=といえば..








                お約束のモッツァレラ&トマトですね。



                ところで、このメニュー、イタリアンとしてすっかり有名ですが、
                ドイツでもサンドイッチメニューとして人気があります。
                (サンドイッチといっても使われるパンは、「食パン」ではなく「ホットドッグ状の硬いパン」です。)

                駅のサンドイッチコーナーに行くと、必ず並んでいる定番メニューです。

                さて、1ヶ月1万円生活的には

                1人分で
                トマト(大) 1/2ヶ 0.23ユーロ
                モッツァレラ・チーズ 1/2袋 0.25ユーロ

                合わせて 0.48ユーロ=約65円です。


                もちろん2人分をいっぺんに頂いてしまいましたが..
                人気ブログランキング

                観葉食物?

                0
                  タイトルの漢字、ちょっとおかしいな・・
                  と気づいた方は日本人合格です。

                  でも、名前通りのものがあります。



                  実はこれ、バジルです。

                  「デスクトップがさびしいな」と思っていた矢先、
                  スーパーで1鉢1.19ユーロ(約160円)で売っていました。
                  (トマトの脇においてありました)

                  1ヶ月1万円生活的には痛い出費ですが、
                  文字通り、観葉食物を兼用しています。

                  その日は、さっそくモッツァレラ&トマトを作って頂きました・・
                  人気ブログランキング

                  大根と豚肉の角煮

                  0
                    今日は、お待ちかねの(?)
                    1ヶ月1万円生活的
                    お料理メニューをご紹介します。

                    題して「豚肉と大根の角煮」です。

                    主な素材について簡単に説明すると

                    豚バラ肉(500g=1.95ユーロ=260円)
                    ドイツでは外皮が付いた状態で売られていますので、これを魚をおろす要領で取り除きます。
                    豚バラ肉
                    因みにロース肉(ステーキ用)の脂身は、何故かしら取り除かれて
                    売られています。

                    大根(1/2本=0.5ユーロ=68円)
                    これは、日本のものとほぼ同じ色・形・味をしていますので安心です。

                    長ねぎ(2本=0.5ユーロ=68円)
                    「深谷の長ねぎ」のように白い部分が瑞々しいものが手に入りません。
                    今回は青い部分を使いますので、「ドイツ長ねぎ」で良しとします。
                    残った白い部分は、薬味用に刻んでパックに保存します。

                    お酒とみりん
                    どちらも普通のスーパーでは売っていませんし、専門店で買うには
                    高価すぎて手が出ません。
                    さて、どうしよう・・
                    と考えていたら、梅酒があることに気がつきました。
                    (ドイツの中華料理店でお土産にもらったもの)
                    酒+みりん=梅酒です!?

                    出来上がりはこんな感じです。
                    大根と豚バラ
                    からしが無いのが残念!

                    さて、1ヶ月1万円生活的計算をすると
                    4人分で約400円、1人分100円です。

                    4人分も作って誰が食べるのか?
                    もちろん私が4回に分けて食べました!
                    人気ブログランキング


                    日本人とお米

                    0
                      以前ドイツ人のお客さんが日本に来た時、

                      毎日日本料理だと、
                      「イモが食べられないのはツライ!」
                      とこぼしていました。

                      同様に日本人の私にとって、
                      「お米のご飯がないとツライ!」
                      ものがあります。

                      ドイツで「コシヒカリ」「秋田小町」を買うとなると、
                      専門の業者から日本の2〜3倍以上の値段で買う必要があります。

                      1ヶ月1万円生活にとっては、天文学的金額です。

                      そこでドイツでお米は売っていないものか?
                      とスーパーマーケットを探索しました。

                      ありました!
                      ドイツのお米

                      パスタの隣りの棚にひっそりと佇んでいました。
                      ワンパック500gで0.89ユーロ(約120円)です。
                      キロ当たり240円ですから、日本のブランド米の約1/4の価格ですね。

                      日本米のような中粒種ではなく、長粒種なので「もちもち感」こそありませんが、炊き立ての味はまずまずです。
                      炊き立てごはん

                      逆に冷ご飯は、チャーハンにはベストです。
                      チャーハン

                      さて、1ヶ月1万円生活的計算をすると

                      丼1杯あたり15円です。

                      毎日3食ご飯を食べたとしても、月1,350円で収まることになります。

                      やっぱり日本人にはお米ですね。
                      人気ブログランキング

                      << | 2/3PAGES | >>