最近のお料理から

0
    最近、黒砂糖さんのブログをビールのつまみ代わりにするという特技を身につけたドリアンでございます。
    (ホント、毎回美味しそうな料理のオンパレードです)

    と言っても所詮は「絵に描いた餅」ならぬ「ブログに貼られた写真」なので、私のビール腹が膨れるなんてことは残念ながら起こり得ません。
    てなことで、腹が減ってはブログも書けませんので久しぶりに(私としては)マトモな料理を作ってみました。


    先ずは『シュニ丼』です。



    『シュニ丼』をご存知でない方は、こちらを(→記事)をご覧ください。



    そんでもって、そのまんま『焼餃子』です。



    先日、ブログ仲間のフラウgさんとnさんに振舞った時の残りものです。
    もちろん餡(具)はドリアン特製ですヨ。


    さて今日は推理好きな方(特に御大!)の為に一つ問題です。

    Q.上の写真のある一部に細工をしています。
    さて、それは一体ど・こ・で・しょ〜かっ!?


    正解の方には、豪華プレゼント!!


    なんてモンはありませんので、あしからず・・
    因みに料理には細工をしてませ〜ん!



    応援ありがとうございます!
    人気ブログランキング

    コメント
    わかりません。気がついたのは、シュニッツル丼の写真のテーブルクロスがとても素敵なこと。餃子がおいしいそうなこと。ビールのコップの模様がちょっと違うこと。やっぱり、Chiblitsさんにおいでいただかないとわかんないでしょうね。
    シュニッツルってどんな感じのものですか?写真から見るととんかつにしか見えないんですけど。
    どちらも美味しそうです、ビ−ルもすすむことでしょう!
    細工って何?もったいつけてないでさっさとおっしゃい(笑)どうせたいしたことじゃないでしょうグフフ
    • ユムユム
    • 2007/08/28 8:36 PM
    嬉しい〜今日も謎解きですか!
    今日は寝不足でちょっといつもよりも頭の回転が悪いんですけど〜。
    一番目につくのはビールが入っているコップの模様でしょうか。不自然に白で、中心のリンゴみたいな絵も真ん中に収まっていないし。
    ところで過去ログをみてもシュニッツルが分かりませんでした。シュニッツルって何?
    私も黒砂糖さんの写真でますます食欲が刺激されている一人でございます。。。

    ドリアンさんの餃子もおいしそうに出来ましたねぇ。下がかりっとしてる感じです。

    横レス:Chiblitsさん、シュニッツエルとはドイツのカツですよ。
    これをカツ丼風アレンジしてしまうドリアンさん、すごいわ。
    そうそう、アレンジと言えば、韓国人の友達はザウアークラウトを使ってキムチチゲ(キムチの代用ね)にしてましたよ。コチジャンとザウアークラウトでキムチの代用ってすごいアイディアでしょ♪
    • busuke
    • 2007/08/30 4:44 AM
    うちでも『腹減った〜!死にそう〜!』と息子たちに言われると簡単なシュニ丼になります。
    時々は、豚肉の皮を剥いで、骨をはずして、スライスして・・・とんかつを作ってカツ丼にしますけど、やっぱり急いでいるときはこっちのほうが簡単!

    謎は・・・??ビール・グラスの柄ですか?
    • ゆき珠
    • 2007/08/30 6:00 PM
    私もビールのグラスの柄だと思います。

    ドリアンさんが焼くと生地がやぶれたりせずに
    カラッと綺麗に焼けるのですよね・・・
    我が家では申し訳なかったです、せっかくの
    美味しい餃子の見た目を台無しにして。
    (言い訳ですが、いつもは私ももう少し綺麗に焼けるのですよ、ただ頂き物ということで緊張して
    しまって・・・)
    • glueck
    • 2007/08/30 9:22 PM
    拙者もグラスの柄だと思うだす。
    ドリアンさん、このシュニッツェルはすでに衣の付いたのを買ってきて揚げるって事?なんか、素晴らしく美味しそうに出来上がっているじゃぁござんせんか? 餃子も良い仕上がり、我が家のニラ、順調に育っちょるですたいっ!!
    • ふろっしゅ
    • 2007/08/31 7:06 AM
    洋子さん、
    そうでしたね、アメリカにはシュニッツェルなんて食いモンはありませんでしたね。
    地方毎にお肉の材料や厚さ等が違うのですが、「ドイツとんかつ」といった所でしょうか。
    とんかつの様に油で揚げずにフライパンで炒めて料理します。

    クイズの答え、正解です!(笑)
    • ドリアン>洋子さん
    • 2007/09/01 12:05 AM
    ユムユムさん、
    え〜え〜っ、仰る通り大した問題じゃござんせんヨ!
    いじいじ・・(笑)
    まあ、料理をお世辞でも褒めて頂いたので、許しちゃいますけど!(爆)
    • ドリアン>ユムユムさん
    • 2007/09/01 12:07 AM
    御大、
    流石でございますナ〜
    一発で見抜かれてしまいましたワ。て、私めの腕が未熟なだけですが・・(笑)
    ↑シュニッツェルは洋子さんのレスやbusukeさんのコメントにもある通り、「ドイツとんかつ」でございます。
    • ドリアン>chiblitsさん
    • 2007/09/01 12:10 AM
    busukeさん、
    シュニッツェルのご説明ありがとうございました。
    (笑)
    >ザウワークラウトを使ってキムチチゲに・・
    キャベツと白菜の違いはありますが、コチジャンさえあれば即ち「コリアンフード」に早変わりという訳ですね。私も今度マネしてみようかな♪
    • ドリアン>busukeさん
    • 2007/09/01 12:17 AM
    ゆき珠さん、
    ドイツの豚肉は品質が良いからロースかつを作ったら美味しいでしょうね。
    でも仰るとおり、皮を剥いだり、骨を除いたりと手間がかかりますね。

    クイズの答え、正解です!(笑)

    • ドリアン>ゆき珠さん
    • 2007/09/01 12:23 AM
    おおっ〜エンジェル、
    餃子の写真、美味く焼けた見本例を示しただけであって他意は無いし、君が普段はちゃ〜んと餃子を焼けることも知っているので安心してくれ給え!(笑)
    それと今回のクイズは、ちと簡単すぎたようであるな・・(爆)
    • ドリアン>glueckさん
    • 2007/09/01 12:29 AM
    姫っ、
    そんなに簡単にクイズの答えを見破ってしまわれては、見も蓋もないってモンです。
    シュニッツェルはスーパーでパック入りで売っているものを使っています。もう少し脂身があれば最高なんですがね・・
    ニラのおすそ分け、是非ヨロシクです!(笑)
    • ドリアン>ふろっしゅさん
    • 2007/09/01 12:32 AM
    ドイツとんかつでも日本とんかつでもどっちでもええから、かつ丼食いたくなりました。
    グラスの加工とCHIBLITSさんとはどんな関係がおありなんでしょうか。
    • 黒砂糖
    • 2007/09/02 1:18 AM
    黒砂糖さん、
    是非、黒砂糖さんお手製の「かつ丼」を拝見したいと思います!(笑)
    今回は、chiblitsさんが「推理好き」とお聞きしたのでクイズを出した次第です。
    でも私の画像処理の腕が悪くて、早々に見破られてしまいましたワ。
    次回はもっと頑張らねば!
    • ドリアン>黒砂糖さん
    • 2007/09/02 3:31 AM
    私もコメントの正解を見る前に分かりました!ビールのグラスですね!!シュニッツェルが分からなくて調べました。豚カツ丼ですね。美味しそうです。ってか、餃子の焼き具合が綺麗で見とれました。私はまだ綺麗に焼けません(涙)私が包んで、ドリアンさんが焼くってどう?
    • 椿
    • 2007/09/02 6:54 PM
    シュニ丼も餃子も、超美味しそう・・・。
    お腹が鳴って、生唾が・・・。
    しかし、あの日、餃子の余りがあったとは・・・。
    今度、餃子の皮のみお届けしマース! (^O^)/
    • nonta
    • 2007/09/03 6:41 PM
    椿さん、
    これはこれは、日本のエンジェル!
    ビールグラス、早々に見破られてしまいましたね。
    もっと画像加工のテクを磨かなくては・・
    日本でもドイツでも私がエンジェルと呼ぶ方は、餃子を焼くのが苦手なようです・・(笑)
    椿さんが包んだ餃子なら、喜んで焼かせて頂きますヨ!
    • ドリアン>椿さん
    • 2007/09/04 7:54 PM
    nontaさん
    Winedorf、お疲れ様でした。
    新しいお仲間ともお友達になれて、とても楽しく過ごすことが出来ました。
    前回はちゃ〜んと自分の分も作り溜めしてましたヨ。(笑)
    次回は、餃子の皮お待ちしてま〜す!
    • ドリアン>nontaさん
    • 2007/09/04 7:58 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック