calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

ドキドキさせちゃいますから!

0
    昨日、一昨日とまたまたフランス(リオン)へ出張して昨晩Neckarのほとりへ舞い戻ってきました。
    今日はお約束通り、このブログをご覧になっている全ての女子のハートをドキドキさせちゃいましょう!

    今回の舞台は、バルビゾン(Barbizon)です。
    ここバルビゾンは、前回ご紹介したシャトー・フォンテーヌブローとその森を抜けた場所にひっそりと佇む小村です。(ちゃんと伏線があった訳ですヨ)
    ミレーが「落ち穂拾い」や「晩鐘」を描いた場所としても広く知られています。(ミレーはルソーやコローなどと共にバルビゾン派と呼ばれ、後にモネやルノワールなどの印象派画家に大きな影響を与えています。)太陽が西に傾く頃には、バルビゾンの田園から一幅の絵のような景色を望むことが出来るでしょう・・

    どうでしょう、バルビゾンへの旅愁が醸し出されたでしょうか?

    既に時計の針は午後8時を過ぎ、辺りは夜の静寂に包まれています。この日、私達は村の中ほどにある一件のホテルでディナーを頂くことになりました。

    Hotellerie du Bas Breau(オテレリ・デュ・バ・ブレオ)という4星のホテルです。
    http://www.bas-breau.com/(後程じっくりご覧ください)

    宿帳にはグレース王妃やジャン・マレー(女優)、ジュリアン・グリーン(作家)、ジャック・ブレル(シャンソン歌手)といった各界のセレブ達のサインが見られます。

    そして極めつけがこちらです。



    かつて昭和天皇がこちらのレストランのサロン(別室)でご昼食を召し上がっておられます。

    ホテルに入ると、先ずは大きな暖炉のあるロビーのソファでアペリティフ(シャンパンと生ハム等のしゃれたおつまみ)を楽しみます。ひとしきり談笑していよいよディナーとなるのですが、私達が案内されたのが、まさにその部屋「サロンdeヒロヒト」でした。


    上のパンフレットを見て一同感心している図
    中央が会社の同僚ですが、昭和天皇が座られたのと同じ場所に座っています! 
    因みに右端が私です。


    さてこんな感じでディナーが始まり、ギャルソンが一品毎に料理を運び込み、その説明をしてくれます。そして、この日のコースがこちらです。
    (レタッチをしたのですが、ローソクの灯りの下、フラッシュなしの為、
    画像が荒れていて申し訳ありません)



    前菜
    Velouté de Saint-Jacques
    サン・ジャック風ヴルーテ(ポタージュ)トリュフ添え


    Tuile au Parmesan
    パルメザンチーズ揚げチュイリー添え


    メイン
    Sole poêlée
    舌ヒラメのポワレ(ソテー)

    デザート
    Plateau de Fromages
    チーズプレート(盛り合わせ)


    Soufflé chaud au Grand Marnier
    スフレのグラン・マルニエ風味

    Mignaridises
    小菓子

    Café
    コーヒー

    如何でしたでしょうか、本日の「セレブ爆弾」?
    最後に私の感想をたいがー:りー風で・・

    想像してみて下さい!

    このレストランの噂を聞きつけた女子が大好きな男子を誘って二人で食事をしている訳よ。

    そうしたら男子が、こう言います・・・りっすん!


    この店の料理、ちっとも上手くね〜や・・


    海外在住の方に最後のネタは、意味不明かも・・
    応援ありがとうございます!
    人気ブログランキング


    覚悟してオチを見に行く?

    「やっぱ、お前の作った料理が一番だな!!」


    どーですかぁ〜女子、リンリン来ましたかぁ〜!?

    ドイツにいても「エンタの神様」は毎週欠かさずにみています。
    実は今夜の便で日本へ出張となりました・・・




    コメント
    すげー、落胆のため息が出そーざんす。。。
    デスラー総統の爆弾は、援護しているんだか味方もついでに爆破してんだか、良く分からないですね??心なしか、姫はイタイですわよ、毎度毎度!!(怒)
    肉厚な舌平目が堪らず美味しそうです。くーーっ!

    このお食事も、お仕事の一貫なんですよねぇ??なんだかドリアンさん、一ヶ月一万円生活とか言っているけど、出張でこんなセレブな思いが出来ているなら、一ヶ月5000円に減額もOKって感じですよ?!ドリアン妻は、このブログご覧になってますかーーー?5000円で十分っすよ、お宅のご主人!!

    最後の方の文章は、ふろっしゅには意味不明です。(泣)

    仲間割れの予感・・・(爆)
    • ふろっしゅ
    • 2007/03/08 11:36 PM
    忘れました。日本出張、気を付けて行ってらっしゃいませ!しっかり英気を養い、くれぐれも見目麗しき女子集団へ寝返りなさりませんように!お帰りをお待ちいたしております。
    • ふろっしゅ
    • 2007/03/09 2:01 AM
    ハーハッハ、どうやら仲間割れのようですね。
    ふろっしゅ姫、本当につよーいお味方ですわね。
    デスラー総統、未来のセレブ妻のためにこんなに素敵なホテルとお食事を紹介していただきありがとうございます。5年ほど先にはわたくしもこちらの席で、プライベートで微笑ませていただきますわ・・・ホホホ(負け惜しみ!?)
    エンタの神様は見ていないので、最後は私も意味不明?桜塚やっくんなら存じておりますが・・・。
    お気をつけて日本にお帰りくださいませ。
    ワッホォ〜!すごい、セレブメニュ−♪ しかし参りましたぁ〜なんてことはございませんですよ(笑)
    ↑の様子じゃ帰国して寝返りもあり得る?!ふろっしゅ姫、覚悟しておいたほうがよろしいわよ(^o^)
    大奥主婦連合だか何だかわかりませんけどもう包囲されてます故(^_-)
    デスラ−総統共々、城を明け渡されよ(*^_^*)ウシシッ♪
    • ユムユム
    • 2007/03/09 10:21 AM
    あー、なんだか本当に豪華な華のある駐在員様のご生活。
    もちろんご苦労も多々おありなんでしょうが、あんな海の幸やこんなごちそうを口にできるなら、、、、と考えてしまういやしこPharyでございます。

    そして、ふろっしゅさんに私も賛成。
    こんなご馳走を自腹を切るでもなく食べられる方は、普段は質素な食生活に甘んじるべきですわっ。


    はじめの男の子のセリフをまともに受けて、「見た目はゴーカだけどおいしくなかったのかしら?」と思ってしまったじゃありませんか。
    で、次のセリフが殺し文句ですよね。
    エンタの神様がどうたらこうたらという最後のオチは私も分かりません。
    • phary
    • 2007/03/10 8:16 AM
    ドイツ軍は仲間割れで、デスラー統裁孤軍奮闘
    といった感が・・・・。
    これを機に、日独在住の女性陣を敵に回すか?
    と冷静に状況を見ております(笑)

    それにしてもお客様にこんなに手厚い接待を受けると後がつらい、ってことはありませんか?
    • glueck
    • 2007/03/10 11:35 PM
    あはははは・・・流石は姫!
    痛いところを容赦なく突いてこられる。(笑)
    でも一見豪華なディナーが「口に合わない(美味くない)」ってコトもあるし、本当は「お茶漬け食いて〜」なんて時でも、営業マンは笑顔を絶やさず料理を平らげて「セ・ボン!」とか「ヴォ〜ノ」とかの褒め言葉を発しなきゃならないのですヨ。トホホ。

    それとお気遣いのコメントありがとうございました。
    我輩は最後まで姫をお守りしますぞ〜〜〜!!
    • デスラー総統>ふろっしゅさん
    • 2007/03/12 4:25 AM
    あちょ☆クン、また逢えて嬉しいヨ!
    なになに・・礼には及びますまい。
    我輩も本当は美人秘書とディナーをエンジョイしたい所であったが、仕事故、次回のお楽しみに取ってあるのだヨ、わはははははは・・・
    それとセレブ婚をするなら、「エンタの神様」を見て見識を広げると良いかも知れんナ!(爆)


    • デスラー総統>あちょ☆さん
    • 2007/03/12 4:33 AM
    ユムユムクン、また逢えて嬉しいヨ!
    ふふふふふふ・・・どうやら見事に引っ掛ってくれたようだな。
    ふろっしゅ姫のコメントは、敵を油断させる為の罠で、今は必死に爪を研いでいるところなのだヨ。
    我々の結束は一枚岩、言ってみれば「ローレライ」よりも固いから安心していてくれ給え!
    わはははははは・・・
    • デスラー総統>ユムユムさん
    • 2007/03/12 4:44 AM
    ドイツの母は相変わらず、手厳しい!(笑)
    今回のような僥倖は、駐在してから初めてだったのでチト調子に乗りすぎましたかね?トホホ。
    まあ滅多に無い栄養補給の場として、お許しの程。
    • ドリアン>pharyさん
    • 2007/03/12 5:09 AM
    例によって冷静なコメント、ありがとうございます!(笑)
    今回のお客さん「日本人慣れ」した所があって、どんな接待(料理)だと日本から来た客(今回は私の同僚)が喜ぶか、ちゃんとツボを知っているようでした。見た目は豪華でも、コストはそれなりに抑えていたようですし・・・
    実は、こんなコトを人知れず観察するのも駐在員のお役目なのであります。なんちゃって!(笑)
    • ドリアン>glueckさん
    • 2007/03/12 5:22 AM
    あああああ昨日Costcoで一キロ1200円の舌平目を買ったのを思い出しました!ふと上の写真を見て今度は贅沢にも舌平目の薩摩揚げで出陣ししょうかと思いました。切干大根の後は薩摩揚げ。撃っても弾は5cm先で落ちそうな。
    ああああこれじゃあ太平洋を越えられない!
    ドスラー隊長が大陸横断核ミサイル弾なら
    ばあさんは特攻隊



    お返事が遅くなり、失礼しました。
    いやいや、舌平目の薩摩揚げなんて最高じゃありませんか!
    何たって、おPりの青いOL軍団には真似出来そうにないメニューですからね。
    私も早々に戦線復帰しますので、暫しお待ちを!

    因みにドスラーではなくデスラーでございます。(笑)
    • ドリアン>chiblits御大
    • 2007/03/20 10:06 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック