スイス旅行記(14)〜感動の最終回

0
    スイス旅行記も回を重ねて14回、一時帰国で少々中断してしまいましたが、いよいよフィナーレ最終回です。
    思えば2泊3日の小旅行でしたが、よくもこれだけ長く記事にしたなと我ながら感心しています。まずは長いことお付き合いいただき、ありがとうございました。

    さてラインの滝から始まって、イチゴタルト、蜂騒動、ユングフラウ、そしてスイスの名物料理などなどご紹介してきましたが、もう一つ肝心な所が抜けていました。アイガー北壁です。

    クライネシャイデック(2,061m)からアイガー北壁を望む


    アイガー北壁、日本人にはユングフラウよりも馴染みの深い山かもしれません。この1800m程の岩壁に過去何人ものクライマーが挑戦し、そしてその命を呑込まれています。
    新田次郎の小説や映画「アイガーサンクション」などの舞台としても有名ですが、日本では1969年に女性登山家・今井通子さんを含む6名の日本隊が直登ルートで登攀し登頂に成功したことで一躍その名を知られるようになりました。
    私が幼少のみぎり、日本隊登頂成功がテレビや新聞で大きく報道されたことを覚えています。オーバーハング(岩壁が垂直よりもせり出している)部分でシュラフをザイルに結え付けて一晩を過ごしたなどと聞いた時、子供心にも「よくそんなスゴイ(怖い)ことが出来るな〜」と感動したことを覚えています。丁度下の写真のnaruto(息子)と同じ歳の頃でしょうか。


    アイガーグレッチャー(2,320m)からアイガー北壁を望む

    私は山登りをしませんが、最近読んだ横山秀夫の小説「クライマーズ・ハイ」で主人公と谷川岳の衝立岩(ついたていわ)に登る約束をした友人が彼に対して、クライマーズ・ハイ(登山中の興奮状態が極限まで達すると恐怖心が無くなってしまうこと)を説明する描写がありました。

    アイガーの絶壁を見上げた時、このクライマーズ・ハイがなければ絶対登れないだろうなと実感しました。


    話は変わりますが、今回の旅行でnarutoがカメラに一番多く収めた被写体があります。それは・・

    ラインの滝でもなく

    アレッチ氷河でもなく

    ユングフラウでもなく

    私が子供の頃に感動したアイガー北壁でもありませんでした。

    その彼の好奇心をそそったものとは・・

    なんと牛クンでした!


    アイガー直下で草を食む牛クン


    おいおいnarutoよ、少しは父の気持ちも分かっているよなぁ〜?

    モウ〜ッ!!

    お後がよろしいようで。

    スイス旅行記いかがでしたか? 人気ブログランキング

    コメント
    もうぉ〜!naruto君のファンになっちゃいますよ、私は。かわいすぎます!
    スイスの景色、氷河もアイガー北壁も迫力がありすぎて、どこをどう撮っていいのかわからなかったのかもしれませんね。そして、一番被写体として撮影しやすかった牛クンに出会い・・・

    アニメのnaruto、こちらでもTVでやっていました。録画しておきましょうかねぇ。
    • kiki
    • 2006/09/20 11:29 AM
    ドリアンさんの旅行、2泊3日の小旅行だったんですね。その3日間にいろんなことが起き、普段見られない綺麗な風景も写真で見られて、大旅行記を読んだ気になっていました。

    あぁあ、旅が終わってしまって残念です。
    やっぱり都会の子なのでしょうね。放牧されている牛など見る機会がなかったからだと思います。
    ドイツでも教会やお城よりも牛クンが一番でしたヨ。トホホ。

    アメリカでnarutoが放映されていましたか!
    彼の科白、日本語では「〜だってばヨッ」と最後に訛るですが、英語でも訛りが入っているでしょうかね?(そんな訳はないか・・)
    • ドリアン>kikiさん
    • 2006/09/20 11:51 PM
    >旅が終わってしまって残念です
    頑張って記事を書いた甲斐がありました。
    ありがとうございます。
    本当はまだまだ書き足らない位ですが、家族から「いつになったら終わるの〜?」などと言われたもので・・

    Stieff編を近日公開しますので、お楽しみに!
    • ドリアン>オルサさん
    • 2006/09/21 12:12 AM
    14話完結お疲れ様でした。たしかに大作でしたね!
    建物と山の写真がまさしくスイス的で旅情を誘います。旅行というか住んでみたくなります。

    数年後にnaruto君はヨーロッパ留学をしてみればいかがでしょうか?
    • gonta
    • 2006/09/22 8:30 PM
    最後までお付き合い、ありがとうございました。

    無いものねだりでしょうか、ヨーロッパ(人)は保守的な部分が多いので、私はアメリカ(人)の自由な雰囲気が好きなのですが・・
    narutoも「ドイツ人は僕のことをジロジロ見るからイヤだなぁ〜」などと申しておりましたヨ。
    • ドリアン>gontaさん
    • 2006/09/22 9:05 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック