スイス旅行記(9)〜Top of Europe前編

0
    さ〜て、お待ちかねのユングフラウ・ヨッホ "Top of Europe"
    到着です!

    ユングフラウ・ヨッホには二つの展望台がありますが、駅は地下にあるのでエレベータに乗り地上に出る必要があります。先ずは一番高い所にあるスフィンクス(Sphinx)展望台(標高3571m)を目指して地下通路を進みます。

    外の天気はどうだろうか?

    期待に胸がドキドキします。
    息も弾んできます。
    目の前もチカチカしてきます・・?

    日頃の不摂生が祟ったのか、蜂にチクリとやられたせいなのか、私一人酸欠の金魚のように口をパクパクして足が前に進みません・・

    どうやら軽い高山病のようです。 トホホ

    幸いゆっくりと歩く内に体も順応し、どうにかスフィンクス展望台へ続くエレベータに辿り着きました。
    ここでエレベータに乗り、一気に100m強の高度をかせぎます。

    デッキへと続く階段を一歩一歩踏みしめます。

    外は明るくなっているようです。

    果たして・・



    朝日を浴びたメンヒが燦然と聳え立っています。

    そしてユングフラウとともに世界遺産に登録されている
    アレッチ氷河も・・



    雲の陰がグラデーションを作っていますが、23km続くというこの氷河の遥か彼方まで望むことが出来ます。既に蜂に刺された痛みなど、すっかり消え去っています。

    さて残すは今回のハイライト、ユングフラウですが・・



    雲に隠れて姿を現してくれません。
    何と意地悪な「乙女」なのだろうか・・

    旅はまだまだ続きます! 人気ブログランキング

    コメント
    ユングフラウは残念でしたが、メンヒもアレッチ氷河も、絵のような美しさですね。ドリアンさんの息子さん、お父さんにこんなにも素敵なところに連れてきてもらえて、幸せですね。
    おー!!スゴイスゴイ!!アルプス凄い!やっぱ雪の量も多いですね。氷河も長い!
    山頂が見えないのは残念ですが、雲のかかったのもまた趣がありますね!
    なぜ、「乙女」の名前が付いてるのか、その由来なども次回でお願いします。(ググれって?)
    • gonta
    • 2006/08/26 5:37 PM
    ありがとうございます。
    これで息子がグレたら、勘当しますヨ!(笑)
    旅はまだまだ続きますので、お付き合いのほど。
    • ドリアン>オルサさん
    • 2006/08/26 6:16 PM
    流石gontaさん、私の意図を良く理解していらっしゃる。大好きです!(笑)
    実は「乙女」の由来、少々長くなるので控えていましたが、gontaさんのお許し(?)が出たので次回たっぷりと書いちゃいますヨ!
    • ドリアン>gontaさん
    • 2006/08/26 6:25 PM
    あ、留守にしている間に旅行記が進んでいましたね!しかもとっても良い眺めのお写真付きで。
    「メンヒ(僧)」はやはり、慈悲があるのですね
    その気高いお姿を訪れる者に見せてくれますが、
    やはり「乙女」は紳士を焦らさせようと、姿を
    隠しているのかもしれませんね(^^)
    • glueck-ss
    • 2006/08/26 11:49 PM
    う〜む、言い当てて妙ですね。
    坊様とは縁があっても、乙女とは縁がないのでしょうか?
    いやいや、glueckさんのような可憐な乙女とお知り合いになれて幸せでございます。(笑)
    • ドリアン>glueckさん
    • 2006/08/27 2:10 AM
    23kmも続く氷河なんてすごいです!!ソリやスキーで、どこまでも滑っていきたくなりますよぉ〜。(戻って来れなくなりますが。)それに山々の頂上がこんなに近く見えるなんて!さすが、標高3,571mの景色です。

    naruto君の☆感動☆って、氷河を食べたことじゃないですか?私はカナダのアサバスカ氷河で水をくんで飲みましたから、結構いい所をついているような気もするんですけど。違うかなぁ・・・
    • kiki
    • 2006/08/27 12:00 PM
    この氷河、google mapでもはっきりと写っていますヨ。"Grindelwald CH"で検索して、少し南に下った雪山がユングフラウ連峰、更に南側を見ると蛇がくねったような形をしています。

    氷河を食べた・・
    全然思いつきませんでしたヨ!(笑)
    • ドリアン>kikiさん
    • 2006/08/27 1:25 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック