見えない力・・

0
    今日はW杯前半を振り返っての「独り言」です。

    W杯もいよいよ決勝トーナメントが始まり、ドイツ、アルゼンチンの8強入りが決まりました。予選リーグからサプライズのない大会と評されていますが、全くその通りですね。

    なにか『見えない力』が働いているような・・
    (これは今回に限らず、トリノ五輪の時にも感じたのですが)

    特にG組、韓国対スイス戦

    普段は(アジアのライバルである)韓国を応援しない私でも、今回はアジア代表最後の砦として、スイスとの一戦を応援しました。
    しかしながら結果はご存知の通り、G組はスイスとフランスが決勝トーナメント進出でした。

    今回ドイツでのW杯、当然ですが日本を含めたアジア勢は完全なアウェーです。サッカーはホーム(地元)優位が他のスポーツよりも顕著だと言われています。

    それだけに『見えない力』を弾き返すには相当の力がないと、勝利は見えてきません。

    さて決勝トーナメント、世界中の誰もが喜ぶような歴代優勝国同士のドリームマッチが続きます。

    気分を切り替えて、W杯を最後までエンジョイするとしますかね。

    日本韓国、よく頑張った!!
    応援宜しくお願いします。人気ブログランキング

    コメント
    4年前、誤審で命拾いして4位までいった韓国が、スイスの2点目〜明らかにオフサイドという誤審で敗れました。これがサッカーの現実なのでしょう。

    それでも、そういったダークな部分があっても尚、サッカーの素晴らしさに日々感動を覚えています。今晩の試合、イタリアVSヒディンク楽しみです。4年前に韓国を率いて、イタリアを負かしたヒディンクが、今回はオーストラリアを率いてどう戦うのか?お手並み拝見。
    オルサさん
    只今PVでイタリア対オージーの一戦を見て、帰ってきたところです。
    日本を破った、憎き(?)ヒディング率いるオージー軍団でしたが「ひょっとして?」と思わせる戦いでしたね。
    結局最後は決めるべき人が決めて、イタリアが勝ちましたが、オージーの力は本物だと再認識しました。
    • ドリアン
    • 2006/06/27 2:38 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック