レストラン「牧場定食」 (番外編2)

0
    少々時間が空いてしまいましたが
    レストラン「牧場定食」でいただいたアペリティフ(食前酒)の正体はというと・・



    正解は白ワイン+カシス酒=キールでした。

    実はこのキール、「牧場定食」のあるサヴォア地方のお隣、ブルゴーニュ地方で考えられたカクテルのようで、フランスアルプス地方ではとてもポピュラーだそうです。

    写真のような感じで、各テーブルの上にお店おばちゃんがドスン、ドスンとボトルを置いていってくれます。

    キール(Kir)という名前の由来は、このカクテルを考えたディジョンという町の市長さんの名前に因んだそうです。
    一説には、地元の白ワインが不味かったのでカシス(黒スグリの実)酒を混ぜて口当たりを良くしたとも云われています。
    このカクテル、白ワインをシャンパンに代えるとキール・ロワイヤル、赤ワインにするとカルディナールになります。

    話は逸れますが、カクテルの名前の由来を一つ二つ覚えておくと、お酒の席ではちょっとした座持ちに使えます。
    「マルガリータ」の由来なんかは、結構泣かせますよ。

    閑話休題

    さて、このカクテルのレシピはとっても簡単です。
    カシス酒(Creme de Cassis)をワイングラスに1/5程注ぎ、そこに辛口の白ワインをお好みでミックスするだけです。
    特に白ワインは、ギンギンに冷えている方が美味しいと思います。

    天気の良い日曜の昼下がりに、テラスで一杯なんてのも洒落ていますし、
    「戴き物の白ワインが辛くて(不味くて)飲めない」なんて時にも使える飲み方です。
    普段はあまりカクテルを飲まれない方にも、お勧めです。

    口当たりが良いので、くれぐれも飲みすぎにはご注意を・・
    応援宜しくお願いします。人気ブログランキング

    コメント
    キール! なるほど。勉強になりました。

    白ワインは辛過ぎて飲めない代物もあるんですね。
    • gonta
    • 2006/05/01 12:44 PM
    “よっしゃぁ〜〜!カシス酒を買ってくるぞぉー!”
    ただ今、そう思っております。水割り、お湯割りじゃなくて、ちょっとおしゃれにカクテルも楽しまなくちゃですね。この牧場定食レストランでは、白ワインとカシス酒をボトルごと持って来てくれるなんて、自分達の好みでキールを作れるってわけですか。お店の雰囲気も、食前酒も、料理も最初から最後まで楽しめるレストランですねぇ〜。
    • kiki
    • 2006/05/02 12:41 AM
    暑い日に冷えたキールはなるほど食前酒にピッタリですね!
    少し甘くて冷たいから、確かに飲みすぎてしまいそう。
    たまには「とりあえずビール」の代わりにカクテルもいいかも?
    でも僕はやっぱり「とりあえずビール」派なんですけどね(笑)
    • ATSU
    • 2006/05/02 1:11 AM
    gontaさん
    ドイツではTrockenとラベルに表記がある場合、ドライ(=辛口)なワインです。「マドンナ」に代表される甘口ワインがお好みの方には、この飲み方が良いかもしれませんネ。

    kikiさん
    お友達を呼んで、ちょっとしたパーティーをする時にお勧めですヨ。この飲み方、自分の好みで甘味を
    調節出来ますので。
    是非コネチカットでもキールを流行らせてくださいね!

    ATSUさん
    湿気の少ないドイツの夏には、ピッタリなカクテルですヨ。
    私の場合、とりあえずキール、その次にビールです!(爆)
    • ドリアン
    • 2006/05/02 12:21 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック