calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

レストラン「牧場定食」 (完結編)

0
    今回のネタ、焦らしに焦らしてしまいましたネ。
    お待たせして、ゴメンナサイ!(と最初に謝ってしまいます)

    コマーシャルまたぎ(テレビでオチの前にコマシャールを挟む手法ですね)みたいな手を使うとはケシカラン!」といった声とか
    ローブルショーン、ローブルショーン、・・」と皆さんがお題目のように唱えている声とかが、私の耳にも伝わってきました..(笑)

    さて前置きはこの辺りまでとして、今日は連続写真で突っ走りますヨ!
    C君が注文した「ローブルショーン」の正体はというと..



    正解はチーズの名前でした。
    フランス語では"Reblochon"と表します。このチーズ、フランス語の公式ページもあります。

    これで1階に牛クン達がいる理由がお分かりになったと思います。
    牛クン達のお乳でチーズを作っていた訳です。決して、牛クン達をその場で捌いて活き造りにする訳ではありませんので(実は私も最初はそう思っていましたが)..

    さて料理の方に話を戻すと、普通チーズといえばショートケーキのように「三角カット」で出てくるものと相場が決まっていますね。でもこの料理では、ご覧のように「輪切り」で出てきます。それもフライパンのようなものに載って..



    これを専用の卓上オーブン(四角い黒い箱)の中に入れます。



    箱の中には、真っ赤に焼けた炭が入っています。
    暫くしてフライパンをオーブンから取り出すと、ご覧のとおりチーズの表面がトロトロに溶けています。



    この熱々部分をナイフでさらって、ハム、サラミ、ソーセージ、じゃがいも等の上にかけていただくわけです。



    ここまで来れば、「ラクレット」というスイスのアルペン料理を思い浮かべる方も多いと思います。食べ方も殆ど同じです。フランス、スイスと国は異なりますが、同じアルプス地方の一部な訳ですから当然かもしれません。

    ところが、地元の人はチーズの素材に拘るようです。C君曰く、
    「ラクレットはスイスのチーズ」
    「ローブルショーンはフランスのチーズ」

    「オラ達のチーズは、モノが違うだ!」と..

    (まあ、そういうことにしておきましょう)

    ところで肝心のお味ですが、塩気が殆どなく、とても淡白です。
    チーズ独特の苦味や臭味も無い、ナチュラルなお味です。
    ハム等の肉類やジャガイモなどの野菜類を引き立てる役目をしています。(チーズ自体が濃厚な味だと、それ自体でお腹が一杯になりますよね。)

    忘れていけないのは、この料理ナンと言っても白ワインが欠かせません。

    こんな感じでレストラン「牧場定食」の夜は更けていきます..


    あれ、今日はオチが無い..!?



    洋服には、二日経っても牛クン達の「移り香」が残っていました。
    トホホ。
    応援宜しくお願いします。人気ブログランキング

    コメント
    あっ、コメント一番乗りだ!

    すっごいおいしそうですね。

    実はラクレット機を買おうかどうか迷っていたんですが、これを見て、買うことにしちゃいました。
    C君は怒るかもしれませんが、いかんせん、この専用オーブン、ドイツではまだ見たことがないのでラクレットで我慢です。

    次回のグルメ記事待ってまーす。
    • phary
    • 2006/04/11 8:33 PM
    なーるほど!フランス語でしたか〜。

    ラクレットは何度か食べたことあります。
    フランス料理は・・・フラムクーヘン(ピザのフランス版)を食べただけです。
    Reblochon覚えておきます。
    どこかで見かけたら食べてみたいと思います。

    食の写真を見て思ったのですが、
    ビールを飲まれてる方がもしかしていない?(^^*)
    pharyさん
    一番乗り、ありがとうございます!(笑)
    とても素朴な味で美味でしたヨ。
    このオーブン、実はお店でも(商魂逞しく)ちゃんとお土産用に売っていました。ドイツには売っていないでしょうが..
    美味しいラクレット、楽しんでくださいネ!

    milaimamaさん
    Oui madam、フランス語でございます。ローブルショーンのショーンのところ、ちゃんと鼻から息を抜いて発音してくださいネ!

    >ビールを飲まれてる方が..
    緑色のビンを持った彼ですよね?
    彼はお酒が飲めないので、ペリエを飲んでいましたヨ。ビールだったら私が許しません!(笑)
    • ドリアン
    • 2006/04/12 4:39 AM
    わ〜、チーズおいしそう!!
    しかし、牛が下にいるのは臭い上つらいデスね…
    私も最初、新鮮な牛をさばくのかとドキドキしちゃいました。
    日本人だけなのかな、こんなこと考えるの。
    絶対牛クンの活け造りだと思ったんですけどね!
    チーズでしたか、おいしそうですねぇ。
    そう言えばウチもラクレットの機械買うって言ってたなぁ。

    そうですか、牛クンの「隠し切れない移り香が染み付いた」のですね(笑)
    あまぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪
    ・・・失礼。
    • ATSU
    • 2006/04/12 2:20 PM
    ちょっと出かけてたもので、完結→中→前編と読んでしまいましたwwボクも牛君の活け作りにワクワクしたかったですw 
    「ローブルショーン」いいですね!是非味わってみたいです!焼けてぐつぐついってる写真がなんともすばらしいですね!「牧場定食」の名前がまたイイ!C君の名誉挽回劇もイイ!チーズ料理魅・・・惑的です。。

    あとはそろそろドリアンさんのおうち料理も見てみたいです!
    • gonta
    • 2006/04/12 9:36 PM
    ラメさん
    牛クンの匂い、最初は「ウ”ッ」ときましたが30分もすると慣れてしまいましたヨ。
    多分、その場で調理すると考えるのは日本人(刺身にする)と中国人(焼きものにする)くらいでしょうかね?

    ATSUさん
    ご期待に添えず申し訳ありません!(笑)
    私も牛クンより小姐(おねーちゃん)の「移り香」の方が良かったのですが..

    gontaさん
    お待ちしておりました!
    日本人は残酷ですね〜(笑)
    お陰様でおいしいチーズを食べ過ぎて、チーズ太りしてしまいましたヨ。
    今度はローカロリー料理で行きましょうかね!?
    • ドリアン
    • 2006/04/13 12:51 AM
    「ラクエットが美味しい」話はよく聞くのですが
    まだ食べたことなくって。。。
    食べたいぃ〜!

    そうそう。
    日本対ドイツの親善試合のチケット販売開始になりいましたね☆
    • Tina
    • 2006/04/13 5:57 AM
    Tinaさん
    是非Pipoさんにせがんで、サボア地方を旅行されては如何ですか?「牧場定食」は別にしても、おいしいローブルショーンチーズやワインを楽しめますヨ!

    ドイツ戦、早くも売り切れになっていましたヨ。
    トホホ。
    • ドリアン
    • 2006/04/13 9:37 PM
    ただ今、0時を過ぎていますが、お腹なってます。食べたい・・・です、これ。ラクレットもローブルショーンも知らなかったけれど、おいしそう過ぎます。すぐには寝られなそうです。夢に出てきそうです・・・。

    同じく、牛の肉じゃなくて、乳を使った料理でほっとしました。

    ビールって言うのは、窓側においてある2本のボトルの事じゃないですかねぇ?
    • kiki
    • 2006/04/14 1:21 PM
    kikiさん
    VISAの問題が片付いたら、是非ヨーロッパへ起こしを!
    もちろんMr.とご一緒に(笑)
    おいしいワインとチーズを用意して待っています。
    もちろん、ローブルショーンも忘れずに。

    窓側の2本のボトル..ビールのようなミネラルウォーターのような..
    ^^)”
    • ドリアン
    • 2006/04/14 4:38 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック