多国籍軍?

0
    今日はなにやら物騒なタイトルになってしまいましたが、今回の一時帰国、ドイツ、フランス、イタリア、トルコの4カ国から集まった野郎共を引き連れて旅をしています。(差し詰め私は鬼軍曹でしょうか・・)

    この4人、当然皆母国語も違いますし、生活習慣や食文化も異なる所からやって来ていますので、団体行動は半端じゃなく手間がかかります。

    先ず言葉ですが、一応全員「英語」が出来ること(現地採用の条件)になっていますので、「英語」を共通語として会話をします。
    けれども困ったことに・・

    全員とも見事に訛ってくれます!
    (日本人の私も同じことですが)

    やっとのことでこちらが聞き取っても、今度はこちらが話したことを理解してもらうのに、また時間がかかります。例えば、ドイツのA君は理解してもイタリアのB君は理解出来ないこともあれば、イタリのB君が理解してもフランスのC君が理解出来ないといったように・・トホホ。

    次に困るのが食事です。
    ドイツのA君は、好き嫌いもなく一般的な日本料理はOK。
    イタリアのB君は、日本料理大好きな食いしん坊。
    フランスのC君は、日本料理が全くダメ。
    トルコのD君は、生ものはダメ、ケバブ(羊)以外の肉料理はダメ。
    そしてお酒はA君以外、全員ダメ。

    朝食はホテルのビュッフェなので、各々好きなものを食べられますし、昼食は毎日サンドイッチで誤魔化しましたが、夕食は大騒ぎです。イタリアのB君はパバロッティばりのテノールで「鮨、刺身、天ぷ〜ら!!」と声高に日本食を主張します。ドイツのA君も「せっかく日本に来たのだから日本食かな〜」と同調します。どちらかといえば内気なC君とD君は、「仕方ないか・・」と最初の内はA君B君に従っていたのですが、日本食ではほとんど食べられるものがなく、日に日ににやつれて行きます・・

    ホテルの近くに「ファミレス」でもあれば、和食も洋食も一遍に注文出来るのですが、「居酒屋」は沢山あっても生憎と「ファミレス」はありません。結局最後はA君とB君は「居酒屋」へ、C君は「マクド」でハンバーガーをD君は「コンビニ」でパンを買って済ますようになりました。

    不思議なことに、世界三大料理(今回中国人はいませんが)の国から来た人間が日本食を食べられないというのは、なんとも皮肉です。
    当然個人差もあるのでしょうが、何故かと思い話を聴いていると、彼らの地元には外国料理の店が少なく、今までC君はフランス料理、D君はトルコ料理以外あまり食べたことがないということが分かりました。
    つまり彼らの舌が、自国の料理以外を受け付けなくなっているのですね。

    彼らは彼らの食文化があるのでしょうが、子供の頃から世界各国の料理が食べられる日本人は、とても幸せだなと感じてしまいました。

    ところで、私は何をいただいたか・・
    もちろん「鮨、刺身、天ぷ〜ら!!」です。
    応援宜しくお願いします。人気ブログランキング

    コメント
    いやぁ〜〜、ご苦労様です!!! 
    テレビ番組にもなりそうな感じじゃないですか。大変さが伝わってきました。
    確かに日本人は世界各国の料理が食べられる環境にいるからこそ色々と食べられるし、食べてみよう!と思える、グルメなんですよね。ESLで知り合った外国人やアメリカ人も食わず嫌いな人って多いですよ。日本には日本食しかない!と思っている人も意外と多かったし。
    ところで、ドリアンさん、中国で昆布で巻かれた巻き寿司みたいなものは食べたことはありますか?つい最近、中国人の手製のそれを食べたんですけど、うぅ〜、まずかった・・。
    • kiki
    • 2006/02/25 1:21 AM
    なんだか似たようなことしてますね(笑)
    ウチの現地採用には英語の条件ありませんから、英語わかんない人も。
    まあ、僕自身が英語苦手なわけですが・・・。
    ホントこういうのは大変ですよね。
    • ATSU
    • 2006/02/25 2:11 AM
    私も似たような経験あります!
    訛り・・・。っと言うか発音の問題。
    イギリス人とアメリカ人が揃うとお互い影で
    罵りあってました(笑)
    食事はありがたいことに、イギリス人以外は全員
    「鮨、刺身、天ぷら〜!」だったのですが
    予算内に納めるのが大変でした。
    みんな底なしの胃袋だったので、飲むし食べるし・・・。
    もちろんイギリス人はマックかフライドチキンだけでした☆ From Tina
    • Tina
    • 2006/02/25 4:02 AM
    トルコの方はともかくフランス人のCさんはもっといろいろなものを食べているのだと思っていました。アメリカではフレンチは基本的には高級ですが、地元の人はどんなものを食べてるのでしょう?

    ということで「ジンギスカン」はいかがでしょうか?
    • 2006/02/25 4:22 PM
    kikiさん
    食わず嫌い、日本食を食べない大きな理由の一つですね。
    >中国で昆布で巻かれた巻き寿司みたいなもの??
    中国といっても「いささか広うござんす」ので、食べたことがあるのか、ないのか..

    ATSUさんも出張お疲れ様でした。
    ドイツに住んでいてドイツ語が全くダメな私から見れば、ドイツ語得意のATSUさんが神様のように思えますヨ。

    Tinaさんも経験ありでしたか!
    食事の好みの他に予算という問題もありますね。
    幸いお酒を飲むのは、ドイツのA君(もちろんビール大好き)だけでしたので、助かりました。
    一番の飲兵衛は私でしたが..(笑)

    フランスも田舎へ行けば、質素な味付けの料理が大半です。C君もそんなところで育ったので、異国の味を理解出来なかったようです。
    「ジンギスカン」良いアイデアですね!
    でも、やっぱりC君が不安だな〜(笑)

    P.S.
    明日のフライトでドイツへ戻ります。
    • ドリアン
    • 2006/02/26 1:39 AM
    ↑ ありゃ!コメントに名前を記載してませんでした・・・
    • gonta
    • 2006/02/26 12:05 PM
    ↑ちゃんと分かってましたヨ。gontaさん!

    やっとこさ、ドイツに戻ってまいりました。
    • ドリアン
    • 2006/02/27 2:26 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック