マイレージで一時帰国

0
    明日の飛行機で日本に一時帰国します。
    今回は出張ではなく、全くのプライベートです。

    となると、自腹で往復の航空券を用意しなければなりません。
    貧しい1万円生活の身としては、1年分の食費に相当します。

    実はこの日の為に(?)こつこつと貯めていたマイレージを使って航空券をゲットしました。

    前回の帰国時のようにビジネスクラスへの無料アップグレードは、望むべくもありませんが、往復の航空券(エコノミー)は無料です。

    一昔前、担当でアメリカに出張していた頃ユナイテッドを使っていたのですが、その時から今までに溜まったマイレージが8万マイル程手付かずで残っておりました。



    マイレージについて、日本の航空会社とユナイテッドの違いを少々調べてみました。

    マイレージの有効期限ですが
    JALやANAの場合は、マイレージが加算された年の翌々年(最長で3年)で失効してしまいますが、ユナイテッドの良い所は最後のマイレージ加算から36ヶ月の間に1回でも加算があれば、その時点から更に36ヶ月間全てのマイレージが持ち越せることです。(私の場合、10年近く前のマイルが含まれているはずです)

    次にマイレージの加算率が異なります。
    ユナイテッドは全てのエコノミークラスで実際のマイレージ(100%)が加算されますが、JALやANAの場合は正規運賃(ノーマル)のみ100%で他は正規割引運賃(PEX)で70%、包括旅行運賃(ディスカウント)のチケットは実際の50%しか加算されません。

    そして、一番大きな違いがマイルの購入第三者への譲渡です。
    「あとXXマイルあれば・・」という時、ユナイテッドは足りないマイルを購入することが出来ます。(JALやANAは出来ません)
    同じようにユナイテッドの場合はマイレージを自分や家族以外の第三者、つまり友人や恋人、飲み屋の姐ちゃんにも自分のマイルを譲ることが出来ます。マイレージで不倫旅行も夢ではない訳ですね。
    (話が逸れました..)

    こうしてみるとマイレージに関しては、色々な点でユナイテッドの方が有利な気がします。


    さて話は元に戻りますが、ユナイテッドはドイツから日本への便がありませんので、同じスターアライアンスルフトハンザで便をとることが出来ました。(ANAは満席でした)

    申し込みは拍子抜けする程簡単でした。

    1.まずユナイテッド(日本)の専用カウンターに電話します
     0120-114466/03-3817-4411
     webからでも予約可能ですが、電話をおすすめします(とても丁寧な対応でしたので)

    2.会員番号と自分の名前を伝えます(簡単な本人確認があります)

    3.マイレージ残の確認があります

    4.希望する日と便(往復)を伝えます

     希望する便に空席があれば、その場で予約が完了します
     (満席であれば、違う日の空いている便を教えてくれます)

    5.空港使用料と手数料支払の為のクレジットカード番号を伝えます
     (合計で5,660円でした)

    6.Eチケット用のメールアドレスを確認します
     (Eメールがチケットの代わりになります) 

    7.Eメールの受信を待ちます

    あとは空港でチェックインするだけです、その際
    1)自分のメールアドレスに送られてきたメールをプリントアウトしたもの
    2)上で伝えたクレジットカード
    3)写真付の身分証明書=パスポート
    が必要です。

    JALの場合はマイレージの航空券でも座席指定が出来ますが、スターアライアンスはダメなようです。(この点はJALに軍配があがります)

    従って希望の席をゲットするには、早い時間にチェックインするしかないようです。

    さて、通路側は確保出来るのか!
    応援宜しくお願いします。人気ブログランキング

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    jugemのトラックバックボックスのお題は『年末年始を送ってください』ということだそうです。 今年はおばあさんが亡くなったので初詣にはいきませんし、『明けましておめでとう』とも言えません。もちろん年賀状も出していません。 ま、そんなわけで『初日の出』
    • 陶芸ブログ 炎と土にたわむれて
    • 2005/12/31 2:47 AM