最近のお料理から

0
    最近、黒砂糖さんのブログをビールのつまみ代わりにするという特技を身につけたドリアンでございます。
    (ホント、毎回美味しそうな料理のオンパレードです)

    と言っても所詮は「絵に描いた餅」ならぬ「ブログに貼られた写真」なので、私のビール腹が膨れるなんてことは残念ながら起こり得ません。
    てなことで、腹が減ってはブログも書けませんので久しぶりに(私としては)マトモな料理を作ってみました。


    先ずは『シュニ丼』です。



    『シュニ丼』をご存知でない方は、こちらを(→記事)をご覧ください。



    そんでもって、そのまんま『焼餃子』です。



    先日、ブログ仲間のフラウgさんとnさんに振舞った時の残りものです。
    もちろん餡(具)はドリアン特製ですヨ。


    さて今日は推理好きな方(特に御大!)の為に一つ問題です。

    Q.上の写真のある一部に細工をしています。
    さて、それは一体ど・こ・で・しょ〜かっ!?


    正解の方には、豪華プレゼント!!


    なんてモンはありませんので、あしからず・・
    因みに料理には細工をしてませ〜ん!



    応援ありがとうございます!
    人気ブログランキング

    世界で一番こわ〜い鮨屋さん

    0
      日本はお盆休みの真っ只中、皆さん如何お過ごしでしょうか?
      連日の猛暑だそうですが、ご自愛くださいませ。

      鬼ボスのお陰で更新が儘なりませんでしたが、前々回の予告通り皆さんお待ちかねの鮨ネタです。

      まあ先回のネタは言ってみれば落語の前座、プロレスで言うとジャイアント馬場とアントニオ猪木のインターナショナル・タッグチームが出てくる前の吉村道明と大木金太郎のアジア・タッグチームの試合みたいなモンでしょうか。

      さて、前回登場したムッシュ・Mとは回転すしに留まらず、○X鮨、△□寿司と鮨屋さんの梯子をした次第ですが、もちろん自腹でもお鮨はたんと頂きました。
      で、今回はそんじょそこらのグルメ本やウェブサイトには絶対に載っていない秘中の秘、とっておきの隠し玉、霊験あらたかな幻の名店をご紹介しましょう。

      因みにこのお店では、今まで誰も写真を撮影出来なかったのですが、今回私がついに写真撮影に成功しました!

      でもここでどんなお店か簡単に教えてしまっては、有り難味ってモンがありません。
      京都でお土産を頂く時には三回遠慮しないと、不調法なお方と言われますし、キャバクラのみひろちゃんに至っては、お店にお百度参りしてもデートすらしてくれませんでしたからね・・
      チト意地悪なようですが、どんなお店か皆さんで想像を働かせてみてください。


      どこにあるか・・

      最近は東Qやら阪Qやらの百貨店が出来て、結構な賑わいを見せておりますが、昔は「横浜のチベット」と揶揄されていたXXニュータウンの高台の一角にあります。
      なんでも「ファイトぉ〜 いっぱ〜っつ!!」と叫んでいた一年中日焼けした俳優さんと「かゆみ止め」の宣伝をされている女優さんご夫妻もお近くにお住まいのようです。

      いつ開店しているか・・

      これが困ったモンで全くの不定期営業です。
      この店の超気まぐれなご主人がその気にならないと暖簾を出さないようです。ここ二年程は、誰が何と言っても「めんどくさ〜い!」の一言で自分では全く鮨をにぎらず、人のにぎった鮨を食べるのに専念し鮨桶にもカビが生えてしまっていたようです。

      何せ神様仏様西太后様と呼ばれるような人ですから、現役を引退したばかりの高校球児と現役バリバリの卓球少年が揃って「なむなむ・・」と拝み倒しつつ、私が清朝の宦官の如く三跪九叩頭の礼をもってお願いをして、今回特別に店を開いてもらった次第です。

      ネタとしゃりは・・

      ネタはもちろん築地直送!
      なんて訳はありません。
      盆暮れどころか、数年に一回しか店開きしないので手っ取り早く近くのスーパーで仕入れて来るようです。
      しゃりは「秋田小町の無洗米!」
      にコダワリがあるようです。
      聞く所によると、水の節約と手間の節約を同時に出来る無洗米を使わぬ手はない!と断言して憚らないようです。

      と、まあここまで書くと


      「随分ヘンな鮨屋だな〜」とか


      「そんな店、ホントにあるの〜」とか


      「どうでもいいから早く写真を見せろ〜」なんて声が


      ネットを通じて聞こえてくるような気がします。
      既にパブロフの犬さながら涎を垂らしまくって、パソコンのキーボードをべとべとに濡らしている方も少なからずいると思いますので・・


      じゃ、いきますヨ!



      世界で一番こわ〜い鮨です!





      チト鮨の並びが不規則ですが、これもこの店のご主人の気まぐれな性格が表れている証です。

      もうお分かりでしょうが、このお店、我が家の食卓でございました。
      我が家のミセス殿、日本に帰る度に「すし、鮨、寿司〜〜〜」と絶叫する私を見兼ねたのかはたまた憐れんでくれたのか、今回やっと鉛のように重い腰を持ち上げてお鮨を握ってくれました。

      私にとっては、世界で一番こわ〜いミセスが作った

      世界で一番こわ〜いお鮨でした。

      『こわいもの見たさ』の方、是非我が家へお立ち寄りください!

      またまた在外組に爆弾を投下してしまったか!?


      応援ありがとうございます!
      人気ブログランキング



      鬼ボスふたたび

      0
        鮨よりも世界中の女性が怖いドリアンです。

        前回のムッシュ・Hの『鮨怖〜い』噺では、在外の方を刺激しないように写真も記事も控えめにしたつもりでしたが、『鮨、寿司、すし!』という言葉が在外の方の琴線に触れたどころか、随分と胃袋を刺激して『日本食食べたい症候群』に火を点けた上に油を注ぎ、ついでに爆発させてしまう結果になったようです。

        本当なら今回も前回に続いて鮨ネタの予定でしたが、なんと今日からあの鬼ボス(→こんな人です)がドイツへやって来ることとなりました!
        先回は鬼ボスに5月の連休を見事に潰されてしまった訳ですが、今回も案の定、夏休みを潰されてしまいましたワ・・トホホ。

        てな事で、鬼ボスのホテルやチケットを手配したり、客先とのアポを取ったりと準備に追われています。
        次回の記事が待ち遠しくてパブロフの犬のように涎を垂らしまくっている方も多いと思いますが、鋭意執筆中につき何卒しばしのご辛抱を!


        ト謂ヘドモ忙中閑アリ・・

        鮨怖い〜

        0
          海外からのお客様を日本でアテンドする時、一番頭を悩ますのが食事です。
          日本食を味わって頂こうとしても、すき焼き、天ぷらはOKだけれど生ものは一切ダメ、という方も少なくありません。

          今日は先日の日本出張でアテンドしたフランス人、ムッシュ・Hのお話です。

          さて、今日の食事は何が良いかなと思案していると・・

          「ミーは日本食大好きだけど、一つだけ怖いものがあるざんす」

          え”っ、それって何ヨ?と聞くと

          「鮨が怖いざんす!」と宣ふではありませんか。

          よ〜し、それならば自分は美味い鮨を満喫しつつ、会社の接待稟議書には『ムッシュの鮨恐怖症を克服せしめたく』と堂々と書けるよな〜

          むふふふふ・・

          とひとり北叟笑みながら、ムッシュの首に縄をかけて早速鮨屋さん(この日は近場の回転鮨)へ乗り込みました。


          左端のもじゃもじゃ頭がムッシュです

          鮨と言っても色々あるけど何が一番怖いのサ?と聞くと

          「う〜む、中トロが一番怖いざんす!!」

          そうかいそうかい、そいつぁ〜可哀想なことだなぁ〜

          と泣きながらレコード大賞新人賞を受賞した時の聖子ちゃんのように、目から涙は零さず鼻から青っ洟を垂らしつつ、心の中では

          おフランスの料理がどんだけ美味(うめ)〜かしんね〜が、脂こってりの中トロが怖ぇなんてぇ言うヤツぁ、カタツムリにでも食われて死んじまえってんだぁ〜!

          と自称東京生まれのアイデンティティを丸出しにしてムッシュを罵倒し、不思議と普段はベルトコンベアに乗ってこない中トロを注文したものです。

          早速板さんからムッシュの前に中トロが差し出されると、驚いたことにムッシュは箸さばきも鮮やかに中トロを口に運ぶではありませんか。

          「おぉ〜とれびあ〜ん!怖いけど、とっても美味ざんす!」

          てな具合でウニ、アワビ、イクラ、エンガワ、カンパチと次々と怖い筈の鮨を平らげていったムッシュ。あっと言う間に私の目の前に皿の山が築かれていきます。

          へっ、どーでぃ。これで鮨なんか怖くね〜だろ〜と聞くと

          「鮨は怖くなくなったけど、他にもまだ怖いものがあるざんす!」

          え”っ、今度は何だってんだよ〜?

          「ギンギンに冷えた日本酒が怖いざんす〜〜〜」

          ・・・・・

          三度のフランス飯よりも日本の鮨が大好きなムッシュ・Hのお話、
          落語「饅頭怖い」からの一席でした。
          先日、椿さんのブログでも紹介されていましたね。

          お後がよろしいようで・・

          お陰様でムッシュにアテンドした5日間、毎日『鮨三昧』させて頂きました。

          まだまだ鮨ネタは続きますヨ〜



          応援ありがとうございます!
          人気ブログランキング


          サラダサラダサラダ

          0
            先日、このブログの愛読者である横浜市在住のHN、narutoさんから
            こんな携帯メールが届きました。

            「卓球部、体育会系だから良し・・」とは、
            チト卓球を甘く見ているのでは!?
            多分運動部で一番筋トレ厳しいヨ!

            ふむふむ、成程ごもっともなご指摘でございます。
            当ブログ、稀に表現に多少のデフォルメがあったり、時代錯誤的な語句や意味不明な比喩を用いたりしますが、愛読者へのサービス精神と正直が取り柄なものでついホンネを書いてしまい、narutoさんのご不興を買ってしまったようで申し訳ありませんでした。

            ここは一つ、お詫びを兼ねて訂正をさせて頂きましょう。

            「我が家の次男クン、体育会系でも超ハードな卓球部で肉体的にも精神的にも鍛えて、学業も湘XゼミでSクラス定着を目指して頑張って貰いたいものです!」


            さて、今日は久しぶりの料理ネタです。

            育ち盛りの青少年には栄養のバランスが必要ですが、単身赴任の駐在員にも同じことが言えます。
            接待飯で「プリン体爆弾」やら「セレブ爆弾」やらを鱈腹頂いてばかりいては、早々に痛風動脈硬化高脂血症高血圧とおまけに糖尿病も併発してお陀仏することは目に見えています。

            「人生プラマイがゼロ!」

            座右の銘としている私としては、接待飯で肥えた身体を元に戻す為、普段は質素な食事で栄養のバランスを心掛けています。
            特に夕食は「一汁一菜」ならぬ、ビール1本サラダ一皿の「一酒一菜」の粗食(?)に耐えています。
            では、最近のNeckarのほとりの夕食メニューを幾つかご紹介しましょう。



            先ずは定番のモッツァレラ+トマト


            お次はシーチキン+ブロッコリー+トマト


            最後はグリーンアスパラ+ベーコン+トマトを炒めたん


            で、今晩からスイスとオーストリアへ出張です。
            因みに今回は、接待飯の予定はありません!


            業務連絡:
            ドイツオフ会、参加ご希望の方は→こちらからメールをお願いします。
            おって日時と場所をお知らせします。

            「人生プラマイがゼロ」って、薀蓄のある言葉ですね〜(自画自賛)

            姫っ、ご帰還予定をお知らせくださ〜い!


            応援ありがとうございます!
            人気ブログランキング


            デスラー総統休養宣言か!?

            0
              前回までの春の大ビール祭りで、我軍のデスラー総統、すっかり精も根もネタも尽き果てた感じで青い顔をしてクタバッております。

              そもそもこのブログは、

              ユムユムさんのブログのように
              「炊いたん」とか「炒めたん」とかの京言葉にくらっと来た栗原はるみがこっそりファンレターを送って来たとか来ないとか・・

              黒砂糖さんのブログのように
              自分よりも上等な魚を使っていると土居勝がショックのあまり出刃包丁を送り付けて来たとか来ないとか・・

              といったお料理上手ブログではなく、総合エンターテイメントブログを目指しておりますので、料理ネタは週間現代の「袋とじ企画」程度のおまけと思って頂ければ幸いです。(袋とじの間に指を突っ込んで、上から覗き見する様なお下品なマネはお控え願います)

              まあ稀に「森伊蔵」を見て、血圧計の水銀柱が破裂する程興奮して危うく病院へ担ぎ込まれそうになった方が約1名居られるようですが、これとて料理ではありませんでした。

              それとブログを書いている本人も「トホホな駐在員」、「ドリアン」、「デスラー総統」と三つの顔を使い分けている為、もともと「双子座のB型、おまけになで肩」の多重人格症に拍車がかかってしまい非常に難儀している次第です。

              てな訳でデスラー総統には暫く休養を与えることとしますが、ドイツの春に相応しい料理を一品残していきました。


              春の大ビール祭り〜台湾コネクション編

              0
                アリ遠方ヨリ来ル亦タ楽シカラズ哉・・


                今日は、いきなり論語の勉強をしようって訳じゃありませんからご安心の程。

                春の大ビール祭りですが、持って生まれた「小出し癖」の為に予告編から数えて既に5回もネタにしてしまいました。
                あまり引っ張ると、折角撮った料理の写真も腐ってしまう可能性があるので前回予告した(もう忘れてるってか?)

                台湾コネクション爆弾を仕上げの一品にしたいと思います♪


                献立 台湾名物「からすみ」をあぶったん



                誰ですか?

                「色黒の明太子!」

                などと言う人は!(怒”)

                実はこの「からすみ」(ボラの卵巣です)、台湾の朋友がドイツ旅行へ来た際お土産として頂いたものです。一人ではなかなか封を開けるチャンスがなく冷凍庫に(真空パックで)長いこと眠っていたのですが、今回やっと食するチャンスが巡ってきました。

                日本酒にも焼酎(多分「森なんとか」)にも良く合う一品でした。


                そして〆は・・



                さて、これは何でしょうか♪


                春の大ビール祭り〜あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ編

                0
                  然ですが、本日は当ブログにお越しいただいている皆様へメッセージがございます。

                  愛読者各位

                  当ブログは「駐在員の品格」をモットーとして、此度の「食いしん坊の妬み世界大合戦」を皆様に楽しんで頂く為に日夜寝食も用便も忘れて鋭意努力しております。
                  稀に表現に多少のデフォルメがあったり、時代錯誤な語句や意味不明な比喩を用いて読者を煙に巻こうとしますが、全て事実に基づいて構成されていますので、間違ってもJAROなんかにタレ込んだりなされないようお願い申し上げます。
                  デスラー総統なる人物は、私の雅号であって戒名ではございませんので以後お見知りおきの程。
                  末筆ではございますが、これからも末永くご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
                                               ドリアン拝


                  そんな訳で我軍のふろっしゅ姫

                  ドイツ黒い森、美味しいもの名物爆弾〜〜〜!!!

                  なるものを早々にブチかましていますので、我輩も負けじと先日
                  日本食材を求めて950kmの旅で仕入れた食材をベースに

                  秘技居酒屋高級割烹メニュー爆弾を一挙大公開したいと思います。

                  先ずはご挨拶代わりで・・

                  砂肝とねぎの炒めものピリ辛風味
                  新橋の高級割烹「W」、能代高校出身で幻の名曲「お台場音頭」の作曲者でもある
                  Kマスター直伝の一品です。
                  危うく差し歯が抜けそうな程のコリコリ感が堪りません。


                  お次は鍋もの・・

                  鶏と銀鱈の水炊きルッコーラとマッシュルーム入り
                  一同獲物に群がるハイエナの如く食い散らかしてしまいましたので、鍋の写真は割愛します。春菊の代用がルッコーラ、椎茸の代わりにマッシュルームを使っています。

                  仕入れたものは無駄にしません・・

                  納豆の油揚げ包み梅肉入り
                  (暗くてピンボケですが)納豆のネバネバ感にカリッと焼いた油揚げのサクサク感のミスマッチが堪りません。梅肉の隠し味には、一同涙を零しながら完食しました。


                  そしてビールと言えば、仕上げは・・


                  春の大ビール祭り〜お客様編

                  0
                    進撃が止まらない在外飢える紳士淑女連隊ですが、

                    「大奥軍とその予備軍は白いモノに弱い!」

                    と私の根も葉もないマーケットリサーチを信用されたのか、我等がchiblits隊長

                    「白いモノなら何でも撃ってしまえ!」

                    とばかりに粕汁と粕漬け爆弾を仕込まれたのですが、酒粕のアルコール分に自爆してお加減が優れないようで心配しております・・
                    (御大、あまりご無理をせずにご自愛のほど!)

                    ここはひとつ総統を名乗る以上、隊長の分まで頑張らねばなりません!

                    てな事で前回「森伊蔵」で思わぬ道草を食ってしまい、続けてスイスへ美味いものを食いに出張とで更新が止まっておりましたが、今日からは楽しい楽しい

                    春の大ビール祭り〜お料理編

                    のスタートです。
                    (って、いったい何時まで引っ張るつもりだろうか・・?)


                    この日Neckarのほとりは、春が大股開いて駆け足でやって来たようなドイツ晴れ、ビールを飲む為にお天道様がいらっしゃると思う程の絶好のビール日和でした。

                    先ずはお客様と、お持ち寄り爆弾のご紹介です。

                    我軍SWAT隊の精鋭、スキー、テニス、乗馬、トレッキング、キャンピング、バードウォッチングと何でもこなす「スーパー・アウトドアOL」またの名を「一人チャーリーズエンジェル」
                    glueck大佐のお持ち寄りです。

                    ズッキーニとパプリカのサラダ
                    鳥の一口照り焼き と まぐろの竜田揚げNeckar風



                    鳥の照り焼きは冷たいビールにピッタリですし、ドイツではとっても貴重なまぐろを使った竜田揚げは、ビールにもよ〜く冷やした越乃寒梅にもマッチする一品です。
                    ご本人「両の手が左手」などとご謙遜されていますが、料理の方も見事な腕前です。

                    次なるお客人は、我軍のメカニック隊長Aさんです。
                    私と同年代なのですが、鈴鹿のシニアでブッチギリの優勝を夢見る(?)
                    バリバリのおっさんモトレーサーです。彼のお持ち寄りは・・

                    大根とイカの炊きもの



                    まさに「男の料理」の風格を充分に漂わせた一品です。
                    よ〜くお出汁がしみた大根は、ビールにもお酒にも焼酎にもピッタリのオールマイティ根菜と言えるでしょう。

                    大好きな(私の趣味を多分に押し付けた)音楽を聴きながら、美味しい料理に旨い酒、そしての楽しいおしゃべりと・・
                    おっさん二人に美女一人、アッと言う間に8時間が過ぎ去ってしまいました・・・


                    ところで、



                    デスラー総統の料理はどこにあるのよ!(怒”)



                    って声が聞こえてきそうですが・・


                    大好きな言葉は「他力本願」です。
                    姫のブログで喪黒福造なる人物が現れたようです。


                    応援ありがとうございます!
                    人気ブログランキング

                    春の大ビール祭り開催!!〜ドリンク編

                    0
                      昨日は、おもいっきり痛飲しちゃいました!
                      って病院へ行った訳じゃありませんヨ。念のため・・

                      前回予告の通り


                      ドイツよいトコ一度はおいで春の大ビール祭り!
                      他にもお酒や料理がい〜っぱい
                      日曜の昼から飲んだくれ大会〜〜〜!!


                      またの名を・・

                      はっちゃけビール祭、デスラーやっちゃったの巻
                      (by busuke軍曹

                      在外飢える紳士淑女連隊の精鋭3名で池田屋ならぬ
                      Neckarのほとり
                      から徒歩10分、花屋の3階にある
                      高級割烹ドリアン」で挙行しました。

                      先ずは飲み物メニュー(Getränke)
                      主役のビールからご紹介しましょう。



                      左から順に
                      ピルツナー(一般的な製法のドイツビール)
                      ヴァイツェン(白ビール)
                      シュバルツ(黒ビール)
                      ラドラー(ビール+レモネード)
                      おまけのスイスビール

                      マメ知識
                      ドイツでは16世紀初頭(日本では戦後時代!)からビールの原料(ホップ、酵母菌、水以外)は麦芽100%だけと法律で決められているとのことです。日本のビールの様にお米やコーンスターチなんて混ぜものは一切入っていません


                      え”っ!?


                      「ボクは、日本でも麦芽100%のビールしか飲まない!」


                      そう言えば、そんな事を仰るロマンスグレーを気取った方も居られますな・・ ねっ、黒砂糖さん


                      でも缶ビールはいただけませんヨ。


                      ビールはやっぱり瓶入りでなきゃネ〜!!


                      はははははは〜〜〜


                      さてさて、お次は・・


                      「私ぁ、ピールなんて飲まん!日本酒党ヨ!」


                      なんて何気に、すかしっ屁の如く挑発される奥方も居られます
                      な・・ ねっ、アン中佐殿!


                      まあ、安心してこれを見て呉れ給え!


                      左から新潟は朝日山酒造「久保田(千寿)」
                      中央はJAL国際線機内限定販売の焼酎「森伊蔵」
                      そして一番右がご存知「越乃寒梅」

                      前回帰国時、決死の思いで悪名高きドイツの税関(→過去記事)の目を盗み、4合瓶を3本持ち込んだのだよ。


                      はははははは〜〜〜


                      そんな訳で、先ずはめでたくプロウスト

                      乾杯〜〜〜っ!!




                      お次はお料理となるのですが、今日はここまで。

                      その代わり往復950kmを突っ走り、仕入れた戦利品(食材)をご披露しましょう。
                      日本じゃ、その辺のスーパーで簡単に手に入るものばかりですが・・



                      全ての食材を使った訳ではありませんが、何を作ったかは想像がつくことでしょう・・


                      午後の2時半スタート、終了は午後10時半!なんと8時間の長丁場でした。

                      流石に二日酔いでブログを書くのは、キツイ!
                      てな事で、今日は皆さんのブログにお邪魔出来ませんでした。
                      トホホ。

                      | 1/3PAGES | >>